歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯ブラシでは取れないプラークに

歯ブラシでは取れないプラークに

歯ブラシでは取れないプラークに

むし歯・歯周病を予防するにはなんといってもプラークコントロールです。

プラークコントロールとは、お口の中のプラークをコントロールすることなのです。

家庭で大切なのがブラッシングなのです。歯ブラシやデンタルフロス、歯間ブラシなどを使用して歯垢の付着を防ぐのです。

しかし、正しいブラッシングを行わないとあまり意味のないものになってしまうのです。

プラークコントロールでいうブラッシングは、みがいているかではなく、みがけているかが重要になっているのです。

そして、このプラークとは歯垢のことで、歯の表面にネバネバと付着している細菌のかたまりを指しているのです。

プラークとはデンタルプラークとも歯垢呼ばれ、食べかすではありません。細菌のかたまりとなっているのです。

単なる歯みがきとは別に考えるべきものなのです。プラークとは口の中にある歯垢のことをいうのです。

歯垢はむし歯や歯周病を引き起こす、ばい菌の固まりなのです。放っておくと歯石となり、ますます歯垢がたまりやすくなるのです。

このプラークをためないようにブラッシングすることや、たまっているプラークを取り除くことをプラークコントロールというのです。

一般的に、歯みがきというと、洗面所で歯磨き粉をたっぷりつけてシャカシャカっとやって、お口の中が泡だらけになったら、うがいをして終わりだと思うのです。

ブラッシングにもただ磨けばいいというわけではないのです。

プラークは歯ブラシの入りにくい場所に溜まりやすいため効率の良い磨き方でなければいつまでもプラークがとれないだけでなく歯の表面を傷つけてしまうのです。

正しい知識で効率のよいブラッシングを覚えるようにしましょう。しかし、それは単なる歯みがきで、プラークコントロールとは程遠いものなのです。

しかもプラーク1g中には1〜3兆個の細菌が含まれているようです。

このプラークがむし歯や歯周病の原因となっているのです。正しい歯みがきを身につけて家庭でのセルフケアをしっかりとやるということなのです。

歯ブラシでは入り込めない歯と歯の間をブラッシングできるのが特徴となっているのです。

比較的、歯の隙間が広い方におすすめなのです。また、歯の隙間にあったブラシもお選びいただけるのです。

使用方法はブラシ部分のネックを磨きやすい角度に曲げて歯や歯茎を傷つけないようゆっくり挿入し、掻きだすように磨くのです。

これほど簡単で、しかも大きな効果を期待できるのは、ブラッシングをおいて他にないのです。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>インプラント 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>予防歯科
>歯科 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>矯正 岡山