歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシが無理ならデンタルフロス

歯間ブラシが無理ならデンタルフロス

歯間ブラシが無理ならデンタルフロス

スタンダードなタイプのデンタルフロスです。

歯と歯の間を前後ろ、といった感じで糸を通していくのです。歯茎を傷つけないよう気をつけるようにしましょう。

使い終わった後にフロスが毛羽立っていたら、歯と歯の間に虫歯が出来ているのです。

かなりの量が入っていまして、使い切るのにはかなりの時間を要すのです。価格は意外と安くてだいたい500円前後となっているのです。

歯ブラシだけでは歯と歯の間にある、歯と歯肉の間を磨くことはできないのです。歯間ブラシは歯と歯の間にある、歯と歯肉の間の汚れを取るのが目的となっているのです。

歯間部は、歯ブラシが届きにくく、歯並びが悪い場合などは、歯垢が残ってしまうのです。

ブラッシングにプラスして歯間ブラシやデンタルフロスを使用し、歯間部の歯垢も除去する習慣を付けるようにしましょう。

毎日行っていると、楽にできるようになるのです。フロスが歯の間に楽に入らないということは、そこにバクテリアが隠れているということなのです。

ハンドルの先に毛がついていまして、その部分で、歯と歯の隙間を磨くのです。

いろいろなサイズがありまして、SSS、SS、S、M、Lなどのサイズがあるのです。

デンタルフロスは、歯と歯の間で歯同士がくっついている部分を掃除するために使うのです。

歯肉を傷めますので、歯肉を強く擦るようには使わないようにしましょう。

間ブラシが入らない狭い隙間の清掃にはデンタルフロスをお勧め出来るのです。

前歯と奥歯などで歯間部の広さが違う場合などは、デンタルフロスと歯間ブラシを使い分ける、歯間ブラシのサイズを使い分けるなど、状態に合わせてご使用するようにしましょう。

一度、歯科医院で歯の歯石を落としてもらい、そのついでに歯間ブラシの使い方やブラシのサイズについて指導を受けるといいと思うのです。

価格は、500円から700円くらいまでとなっているのです。少し値段的にも高めなのがたまにきずなのです。

毛とハンドルに若干の角度がついている物は奥歯で使いやすいと思うのです。

いろいろなメーカーがあるので、凝り出すと、いろんなのを使ってみたりしましょう。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>矯正 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>歯科 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>入れ歯
>予防歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>インプラント 岡山
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック