歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシを使うときの注意点

歯間ブラシを使うときの注意点

歯間ブラシを使うときの注意点

歯間ブラシの部分を90度に曲げる。 歯と歯の間に無理やり歯間ブラシを入れたりしないで、 力を入れず、優しく磨くのです。 ブラシの部分が傷んだら、早めに交換。

歯と歯の間のすき間が広いとき、効果的にプラークを取り除くことができるのです。

噛み砕いて、口腔内からお腹までの消臭効果を期待するものなのです。

などの種類があり、口腔内だけでなく、舌や胃までに効果を発揮して、口臭の素を断るのです。歯ブラシは、基本的にはペングリップというペンを持つようなスタイルで持っているのです。

この持ち方なら、余計な力が入らずに小刻みな動きが可能ということで、長い時間でも疲れずに歯磨きをすることができるのです。

むし歯の治療をしたところ、一番奥の歯の後ろ側、ブリッジの下、歯が抜けたままになっているところなどに歯間ブラシを使うと効果的となっているのです。

歯間ブラシで口臭チェック歯と歯の間を磨くブラシで口臭をチェックする方法があるのです。

つまようじのような形で歯間の汚れをかき出すトゲトゲが付いている歯間ブラシとなっているのです。

歯と歯の間を1本ずつ根元まで磨き、匂いをかいで臭かったら口臭がしているのです。

口臭予防のポイントは、口腔内を清潔にすることなのですが、 歯磨きだけでは、歯と歯の間に詰まった 食物残渣を出すことはなかなかできないのです。

食後の歯磨きのタイミングについては、歯科医の先生によっても見解はバラバラなのです。

おおむね食後すぐ、3分以内、10分以内、30分以内といったところですが、果物など酸の強い食べ物を食べたときには、だ液による口内歯の回復を待つ意味で、1時間ほど経ってから歯を磨くとよいという意見もあるのです。

口臭の原因は、歯茎の炎症からおきる場合があるようですので、根元まで磨いて、匂いをかぐことがポイントとなっているのです。

また、L字型歯間ブラシは奥歯の歯間清掃に適しているのです。歯の外側と内側の両方から使うようにしましょう。

自分の歯にあった歯間ブラシを使っていれば、 歯や歯茎を傷つける心配はいらないのです。

気になる方は、歯科検診もかねて 歯科で相談してみてはいかがでしょうか?

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>予防歯科
>矯正 岡山
>インプラント 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>入れ歯
>歯槽膿漏 歯周病
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯科 岡山
>岡山 インプラント
>審美歯科 ホワイトニング 岡山