歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシについて

歯間ブラシについて

歯間ブラシについて

歯間ブラシも歯ブラシと同じように、使い終わったら洗い、ブラシに弾力が無くなったり、ワイヤーが曲がってきたら交換時期なので、覚えておくようにしましょう。

歯間ブラシはデンタルフロスと同じように普通の歯ブラシでは届きにくい場所を掃除する器具なのです。

細いワイヤーの周囲からやわらかい毛が伸びた形状になっているのが特徴となっているのです。最近、口臭を気にする人が増えているのです。

毎日の歯磨きだけでは、口臭が不安だという人が増えているために、売れている口臭予防グッズが歯間ブラシなのです。

歯間ブラシはねじった針金に、ナイロンの毛を付けた、小さなブラシなのです。

歯間ブラシはイラストのように2本の歯と歯肉とで囲まれた細かいすき間を清掃するためのものなのです。デンタルフロスとの併用でさらに効果的に清掃できるのです。

歯と歯の間は食べカスや歯垢が溜まりやすいところなのですが、普通の歯ブラシでは、毛先がうまく入らず、しっかり取り除くことは難しいようです。

でも、歯間ブラシを使えば、簡単かつキレイに歯の間を磨くことができるようです。

歯間ブラシには、さまざまな太さのもの各メーカーから発売されているのです。

部位に応じて適切な太さのものを選ぶ必要があるのです。歯間ブラシを挿入したときに、無理なく僅かな抵抗を感じる程度の太さがよいと思います。

痛みを感じたり、多量の出血が見られたりする場合は太すぎるのです。

歯並びが悪くて、歯間が広がっていたり、年を取って歯肉が落ちることによって、歯間が開いている人は、歯間に歯垢が溜まりやすいので、歯間ブラシと歯ブラシを使って、歯磨きすることをオススメ出来るのです。

あまり太すぎますと、かえって歯間を広げてしまったり、歯肉を傷めてしまう可能性があるようですので注意が必要になっているのです。

どんな太さの歯間ブラシが自分に合っているか、かかりつけの歯科医院で相談すると良いと思うのです。

歯間ブラシにはいろいろな形のものや、奥歯専用などがあるのです。歯間ひとつひとつにあった、ブラシを選ぶようにすると、歯に負担を掛けずに済むと思うのです。

歯間ブラシを使う時は、やさしく、ゆっくり、歯肉を傷つけないようにがポイントとなっているのです。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>予防歯科
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯槽膿漏 歯周病
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>歯科 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>入れ歯