歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシの選び方

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシの選び方

歯間ブラシを選ぶときは、一番小さいサイズから試してみるといいと思うのです。サイズは、痛みがなくブラシが無理なく入ればいいのです。

出血の有無は気にしなくていいのです。サイズが合わないためではなく、歯周病が原因で歯ぐきから出血していると考えられるからなのです。

人の歯のサイズ、歯並び、口の筋肉の強さ、嘔吐し易さによって使い易い歯ブラシが異なるからです。

一番良いのはかかりつけの歯科医や歯科衛生士に相談することだろう。自分に合った歯ブラシを選んでくれるのです。

そして、実際使ってみるともっとブラシの部分が小さい方が良いとか、ブラシの部分が柔らかい方が良いとかわかるのです。

道具は使い方次第で、良いものも、効果なく、返って根面を削ってしまって、知覚過敏になったりするのです。歯の間でも、大切なのは、その間の面なのです。

形状はヘッド部分の幅が狭くて先が丸いもの、全体的には細くて長目を選びたいと思うのです。

複雑な歯の歯垢が溜まりやすいところにも届く形状が良いのです。毛の堅さは、ちょっと柔らかいかなと思う程度が良いのです。

堅い毛のブラシは歯の根の部分を削り取ってしまい、知覚過敏や歯肉の耐縮を招く恐れがあるのです。

ハブラシは、基本的には、ヘッドが小さくて細身の歯ブラシがおすすめとなっているのです。

一見大きいほうがよく磨けるように思われるのですが、小さいほうが狭いお口の中で扱いやすく 細かいところまでよく磨けるのです。

隣接面をやさしく、丁寧に、効率よく擦って、バイオフィルムをはがす能力は使い方次第。自己流でなく、WFでオーラルケアトリートメントを受けることをお勧め出来るのです。

毛の長さは長目、毛先は丸型、毛の量はあまりギッシリ過ぎない程度が良いと思います。

糸ようじや、フロスあるいは歯間ブラシ、ワンタフトブラシといった清掃用具を使わないと歯垢を完全には除去できず、う蝕や歯周病が発生しやすいので注意が必要になっているのです。

歯ブラシは毛先が開き始めたなと感じたら取り替えることなのです。

広がった毛先は細かい隙間に入らなくなる。面倒ではあるようですが、こういった清掃道具を使うと使わないでは、う蝕や歯周病の発生・進行に大きな差がでてくるのです。。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>入れ歯
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>矯正 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>インプラント 岡山
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯科 岡山
>岡山 インプラント
>歯槽膿漏 歯周病
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山