歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯周病予防に歯間ブラシが効果的

歯周病予防に歯間ブラシが効果的

歯周病予防に歯間ブラシが効果的

歯のフロスよりは、歯周病防止には歯の間を綺麗にするため歯間ブラシを使い、うっ血しないようにすることが大事なのです。

ゴシゴシ大きく磨くのではなく、小さく丁寧に歯ごとに磨く感覚で、特に奥に注意するとよいそうです。

ブラッシングの後、歯間ブラシを使うのです。これも毛先の太さがLサイズのこんなの入るの?ってくらいの物で、L字にまがって毛先が付いている物を買ってくるのです。

習慣づけが難しいかもしれないのですが、自分の健康のため自分の努力で出来ること。一日数分を捻り出すことが出来ると思うのです。

自分の歯で、お年寄りになっても食べ物をかみ締めたいものなのです。毎日の歯磨きと歯の手入れを習慣にして、芸能人でなくても歯は命で頑張るようにしましょう。

歯周病は年をとってからかかる病気ではなく、その初期症状は10代に現れることもあるのです。

現代人の歯をなくす原因は、半分以上が歯周病によるものと言われているようですので、予防の重要性が高まっているのです。

歯と歯の隙間にいれるのではなく、歯と歯を上から見た時にできるV字の部分に縦にしてつっこみるのです。

上手く伝わるか分からないのですが、ほっぺた側から入れて舌のほうに毛先が出るというのではなく、舌の歯ならアゴにむけての方向、上の歯なら頭にむけての方向に毛先をつっこむようにしましょう。

歯周病は、歯にたまったプラークにいる歯周病菌が原因なのです。ですから、お口の中からプラークを取り除くことが歯周病予防の第一歩なのです。

プラークを取り除くにはブラッシングが欠かせません。いつものブラッシングを見直してみるようにしましょう。つっこんだら動かして悪い血をかきだすようにするのです。

初めは勇気がいりますが、結構奥まで入るのです。これは悪くなっているところから確実に血が出るのです。

健康なところからはつっこんでも血が出ないのです。歯周病にかかると、歯と歯の間の根元にすき間ができ、プラークがたまりやすくなるのです。

の部分にプラークをためないように、歯間清掃具を使うようにしましょう。

デンタルフロスや歯間ブラシの使い方などが分からない場合は、歯科医院でたずねてみるようにしましょう。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>予防歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯科 岡山
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>インプラント 岡山
>入れ歯
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>歯槽膿漏 歯周病
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>矯正 岡山
>岡山 インプラント