歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯科医や歯科衛生士が指導

歯科医や歯科衛生士が指導

歯科医や歯科衛生士が指導

歯の表面は誰でも必ずといっていいほど磨いているのです。しかし歯の裏や歯と歯ぐきの間などの磨くべき箇所が磨けていないことが多いようです。

これは四角い部屋を丸く掃くのと同じなのです。手の届きにくいところ、磨きにくいところこそ隅々まで丁寧に磨くことが大切なのです。

歯科の業務は、一般的には虫歯や歯周病の治療がメインなのです。他には義歯を入れたり、入れ歯をつくったりというのもあるのです。

また、予防ということで、歯磨きの仕方等を指導してくれるところもあるのです。

歯間ブラシは出血が治まるまで使いそれからはフロスを寝る前の歯磨き時に毎日使うといいと思います。

そうすれば歯周病予防になるのです。歯科の治療は、歯科医院の規模や歯科医の技量によっても異なるようです。

一般歯科の他に、矯正やインプラント治療、最近ではホワイトニングなどを取り扱う歯科も増えてきているのです。

歯磨きは毎朝・毎晩きちんとしている歯には人一倍気を遣って手入れしている方だとおっしゃる方もいるのですが、磨いていると磨けているということはまったく違うようです。

歯科での治療は、まずは問診から始まり、レントゲン撮影などを経て、今の自分の歯等の状態と今後の治療方針が歯科医から説明されるのです。

治療内容を納得できたら、治療開始となるのです

。歯科衛生士のブラッシング指導を受けたことがないという人の場合、たいてい磨き残しや力の入れすぎなどの問題があるのです。

その問題点を改善し、自己流の磨き癖を直して適切なブラッシングを身につけることが大切になっているのです。

歯科の治療では、通常は保険が適用されるようですが、治療内容によっては保険適用外の場合もあるのです。

事前に適用内で治療するかしないかを歯科医と相談しておくとよいと思います。

ブラシを横から見たときの幅が、自分の下の歯前面3本分の幅になるのが理想サイズなのです。

市販のものは一般的に大きい傾向にあるようですので、女性の方で口元や歯が小さい場合、子ども用歯ブラシで代用してみるのも良いかもしれないと思います。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>歯槽膿漏 歯周病
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>入れ歯
>予防歯科
>矯正 岡山
>歯科 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>インプラント 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック