歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシの使い方

歯間ブラシを、日々の歯のお手入れに使っていますか?歯間ブラシは歯の間の汚れを落とすのに、効果的なのです。

歯間ブラシの使い方をマスターすれば、虫歯や歯周病の予防にも効果的なのです。歯間ブラシにな1から5まで様々なサイズがあいます。

お口の中の状況も一人一人違うのです。歯間ブラシを歯と歯の間に入れてゆっくりと数回、前後に往復させてみがくのです。

奥歯の場合は、外側と内側の両方からみがくと、みがき残しがなくなるのです。ご自分のハグキの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶこっが重要なのです。

最近は薬局などでも、歯間ブラシを扱っているお店が増えてきているのです。

ライオン、GUM、サンスターなど、多くのメーカーが歯間ブラシを製造しているのです。

毎日しっかり歯をみがいているはずなのに、歯と歯の間から虫歯や歯周病になってしまう方は多いと思うのです。

実際、歯と歯の間は歯垢がたまりやすく、最も虫歯や歯周病になりやすい部位の一つとなっているのです。

歯間ブラシの価格は、20本入りなどで500円くらいが相場となっているようです。

様々なメーカーの歯間ブラシを比較しても、それほど価格に大差はないと思うのです。

デンタルフロスや歯間ブラシは年々使用する人は増えてはいるのですが、まだまだ少数派なのです。

歯科医院で適切なアドバイスを受けながら、虫歯や歯周病の予防に効果的なデンタルフロスや歯間ブラシを使用されることをおすすめ出来るのです。

歯間ブラシには様々なサイズがあるのです。自分の歯間に合ったブラシを購入するようにしましょう。

また、歯間ブラシの使い方は難しくないようですが、歯茎から出血する場合などは、歯科医に使い方などを相談するといいと思うのです。

歯肉の中に少しデンタルフロスが隠れるくらいまで、入れたあと、隣り合った歯の片方の面に押し付けるようにしながら上下に動かし、歯垢をこすり取るのです。

終わったら、位置を変えて反対側の歯の面も同じようにしましょう。歯間ブラシは歯と歯の間に器具の通る隙間がある人に有効なのです。

歯と歯の間に入れ、前後に動かして使うのです。この時歯肉の形にそって動かすことがポイントとなっているのです。

力まかせに使うとかえって歯肉を傷つけるようですので、力を入れすぎないよう注意するようにしましょう。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>予防歯科
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>歯槽膿漏 歯周病
>インプラント 岡山
>矯正 岡山
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>岡山 インプラント
>入れ歯
>歯科 岡山
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>審美歯科 ホワイトニング 岡山
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン