歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 初めは小さいサイズから

初めは小さいサイズから

初めは小さいサイズから

歯間ブラシには1から5まで様々なサイズがあるのです。お口の中の状況も一人一人違うのです。

ご自分のハグキの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要になっているのです。

ハブラシで磨くだけでは歯と歯の間のプラークを落としきることはできないのです。

毛の材質には、豚毛やナイロン製がなどあるのです。豚毛のように動物性たんぱく質でできた歯ブラシの毛は、口の中の菌がつきやすいので衛生面では使いにくいようです。

色のついたナイロン製は弾力がないので、透明のものを選ぶようにしましょう。

ハブラシと歯間ブラシの併用が、歯と歯の間のプラーク除去には効果的となっているのです。

歯間ブラシを選ぶ時の一つの目安として、歯間ブラシを挿入した時、無理なく動かせるサイズを選ぶようにしましょう。

歯ブラシの毛には一般的に硬め、普通、やわらかめがあるのです。

硬い歯ブラシは歯茎を傷つける原因になるようですので、歯や歯茎の状態に合わせて選ぶのが良いと思うのです。

歯間ブラシには1から5まで様々なサイズがあるのです。

お口の中の状況も一人一人違います。ご自分の歯ぐきの状態や使いたい部位に合ったサイズを選ぶことが重要になっているのです。

歯ブラシの柄は、奥まで届くようにカーブのついたものも見かけるのですが、頬にあたる部分を磨くときにはカーブがじゃまなのです。

ストレートタイプの柄を選んだほうが使いやすいのです。 また、サイズ1が挿入できない時はデンタルフロスを使用するようにしましょう。

歯間ブラシを選ぶ時の一つの目安として、歯間ブラシを挿入した時、無理なく動かせるサイズを選ぶようにしましょう。

歯医者さんでもらった歯ブラシが一番のお気に入りなのです。力を入れなくても磨けるようですし、細かいところにまでしっかり届くのです。

1人1人に合わせて勧めてくれるようです。 また、サイズ1が挿入できない時はデンタルフロスを使用するようにしましょう。

普通の歯ブラシでは届きにくい歯と歯の隙間を掃除します。

普通はブラシ部分がワイヤーでできているのですが、歯のあたり具合がやさしいポリプリピレン素材もあるのです。

初めて使う人ならワイヤーの入っていないやわらかい歯間ブラシがおすすめとなっているのです。

歯の隙間に合わせて1〜5といったサイズを選んだり、磨く歯に合わせてL字型やI字型など使い分けるのです。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>予防歯科
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>歯科 岡山
>インプラント 岡山
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>入れ歯
>歯槽膿漏 歯周病
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>岡山 インプラント
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>矯正 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山