歯間ブラシ情報館 >> 歯間ブラシ情報 >> 歯間ブラシとは?

歯間ブラシとは?

歯間ブラシとは?

歯と歯の間のプラークは歯磨きだけでは50%くらいしか落とすことが出来ず、そのため虫歯や歯周病の多くは歯と歯の間から発生するのです。

歯間ブラシとは、ややすきまのある歯と歯の間の歯垢をとるための小さなブラシで、針金に歯ブラシの毛が放射線状についているものなのです。

通常、歯と歯の間のプラークをしっかりと落とすためにはデンタルフロスを使ってフロッシングを行なうのですが、歯と歯の間の隙間が大きい場合にはデンタルフロスよりも歯間ブラシを使ったほうが、効果的にプラークを除去することが出来るのです。

歯間ブラシは、歯肉との隙間に差し込んで汚れを取り除くものとなっているようですので、歯と歯の間に隙間ない場合には使用できないのですが、歯ブラシだけではすみずみまで磨けないと感じているなら、歯間ブラシはとても有効なものであるといえるのです。

ただし、歯間ブラシには様々なサイズがあり、その人に適したサイズの歯間ブラシを使わないと逆に歯茎にダメージを与えてしまう恐れがあるのです。

歯間ブラシの使い方には、ちょっとしたコツがあるのです。まず選び方ですが、歯と歯の間の隙間よりやや小さめのブラシを選んで、少しずつ慣らしていくのがポイントとなっているのです。

特に初めて歯間ブラシを使う際には、必ず歯医者さんにサイズを見てもらうようにしてください。

最初のうちは、静かにゆっくりとブラシを往復させ、歯肉への圧迫も軽めにしておくようにしましょう。

何日か経って、出血や痛みなどの症状が出なければ、だんだんと力を加え、往復させる回数も増やしていくのです。

また、歯間ブラシは歯と歯の間のプラークコントロール以外に、ブリッジの下に溜まった汚れを除去するのにも使用されるのです。

歯間ブラシにはL字タイプとストレートタイプがあるのです。前歯にはストレートタイプが使いやすく、L字タイプは奥歯に向いているのです。

奥歯に歯間ブラシを使うのは少々難しいですが、最初はL字タイプのものを用意して、鏡で確認しながら磨いていくと良いと思います。

歯間ブラシ情報館へようこそ!このサイトは管理人の備忘録としての情報をまとめたものです。

掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等はご遠慮ください。

>愛媛県 伊予市 矯正歯科 優歯科オフィス
>福岡県 福岡市 歯科 歯周病 竹田歯科医院
>インプラント 岡山
>予防歯科
>神奈川県 横浜市 インプラント 矯正 柿山矯正歯科
>栃木県 栃木市 歯科 鎌田歯科医院 ホワイトニングサロン
>千葉県 千葉市 歯科 矯正 幕張ドルフィン歯科
>入れ歯
>栃木県 宇都宮市 歯科 ココ歯科クリニック
>歯科 岡山
>歯槽膿漏 歯周病
>愛知県 春日井市 歯科 森川歯科クリニック
>岡山 インプラント
>矯正 岡山
>審美歯科 ホワイトニング 岡山